■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2021年10月 次月>>
■Twitter■
■AD■
↓家電が何でも安い!↓
家電エクスプレス(ケーズ電気系)
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■COUNTER■
  •  now  visiter(s)

さて、前回のエントリー(「北海道旅行申し込んだ(1)」)で、わずかな差額ながら旅行会社のフリープランを申し込みましたが、その後予期せぬ事態に陥りました。

なんと、マツダレンタカーにはMT車があることがわかったので、何とかそのMT車をゲットして北の大地を攻めたい!(アホ)と思ったわけですよ。いや、一緒に行く友人がAT限定解除したばかりなのでその練習にもってこい!だと言うのも大きいですけどね。ともかく、ATじゃせっかくのドライブが、つまらない移動手段になってしまいますが、MTなら積極的に走ることができるし、なんと言ってもこの原油高から燃費への影響も深刻なわけですよ。
そんなわけで、色々探しましたが、結局は前回立てたプランでは上手くいかない事になりました。そこで、変更したスケジュールは下記のとおりです。

1日目:夜、北斗星で上野を出発
2日目:札幌観光して札幌泊
3日目:朝イチに特急で帯広へ移動してレンタカー→知床泊
4日目:レンタカーで知床観光、釧路泊
5日目:ノロッコ号で釧路湿原観光して網走から特急で旭川泊

6日目:旭川観光、旭川泊
7日目:昼頃旭川から羽田へ、帰宅




上記のとおり、3日目~5日目が大きく変わりました。
小樽観光は取りやめ、帯広からレンタカーで道東を巡って知床に泊まり、4日目には釧路でレンタカーを返します。
そして5日目は鉄道で観光する事にしました。何度か動線が被ってしまいますが、車と鉄道では視線が全く違いますから、別の視点で見れるのも魅力の一つです。

さて、こうなるとフリー切符ではないと話が変わってきます。道内で手配する切符は下記の様に変わります。
札幌→帯広:6,510円(乗車券:4,200円, 特急券等:2,310円)
釧路→旭川:9,760円(乗車券:7,450円, 特急券等:2,310円)
こうなると、同じ方法で計算したら…
合計:50,540円

やっぱり5万円越えですね。こうなるとフリー切符のよさが出てきます。っていうか、そもそももっと得するように設定しないと勿体無いんですけどね(^^;
今回は旭川で親戚に用事があるために二泊するのがメインの目的の一つなので、いいんです。と、自分に言い聞かせる(笑)

それにしてもレンタカーでMTって珍しいですよね!それも、別にRX-8やロードスターの様な特にスポーツタイプじゃない車ですよ。しかもマツダレンタカーなのに、なぜかインプレッサかベリーサかアクセラとか言ってました。なぜインプレッサなんだろう?インプだった場合、新型のツインカムだったらラッキーですが、鷹目に旧型エンジンも割と好きなので楽しみです。っていうか、友人の家の車はまさにそれのATなので、乗り比べも出来てしまって二倍ラッキーかも(笑)


そうそう、ツアーでは一泊しか選ばなかったのは、さらに割安…と言うか超爆安の会社の福利厚生プランで予約できる宿を使ったからです。シティホテルなら一人一泊200円とか、タダみたいな金額で泊まれてしまうんです!鉄道で旅行するなら都市部に泊まれば便利だし、繁華街が近ければ地元の美味しい物も食べれるし。それにホテルのようなタダ眠れればいい施設に高いお金を払うのは自分流ではないんです。
しかし、知床にはさすがに提携の施設しかないし、施設自体もつまらない感じの寂れた観光ホテルにしか見えないために、ちょっと冒険して民宿を取ってみたいと思っています。いいじゃないですか。知床という日本の最果てともいえる秘境にある民宿なんて!

夏休みと言うよりも秋休みになってしまってますが、今から楽しみです!



【番外編】
さてさて、この旅のクライマックスはJR北海道の誇る特急を乗りまくる事だと勝手に思っています。まぁ大したことないですけどね。

まず、上野からは言わずと知れた『北斗星』。これはブルートレインですね。カシオペアにもそのうち乗ってみたいですが、大人気で空きが全く無いそうです。聞いた話によると、リタイヤされたリッチな夫婦が「いつでもいいから」と言って旅行会社に手配を頼んでも三ヵ月後だったとか。。。

そして次はキハ283系の『スーパーおおぞら

釧路湿原はディーゼル機関車で牽引されるトロッコ列車ノロッコ号釧網本線を走ります。

最後はキハ183系の『オホーツク

首都圏にいるとなかなか乗る機会の無い気動車に乗りまくり!
しかもメカ的に興味津々の振り子式気動車。最大6度の傾斜ってどんな物なんでしょう?!実は『ワイドビューしなの』と『N700系』でしか経験していないのですが、ぐわーんと豪快に傾くのが魅力ですね。あ、N700はほとんど判りませんが。
あぁ今から楽しみで仕方ないですヽ(゜ω゜)ノ
| 鉄道・旅行 | 11:45 PM | comments (0) | trackback (x) |










PAGE TOP ↑