第54回全国大会プログラム

第1日:2004年11月6日(土) 京都大学 時計台記念館
第2日:        7日(日) 京都大学 文学部新棟

Ⅰ.前日  11月5日(金)

17:00~19:00
常任理事会(京都大学文学部新棟1階会議室)

Ⅱ.第1日 11月6日(土)

10:15~12:00
理事会(時計台記念館2階国際交流ホールⅠ)
12:00~
受付(時計台記念館1階)
13:00~
開会式(時計台記念館1階100周年記念ホール)
開会の辞 第54回全国大会準備会代表 平田昌司
挨拶 日本中国語学会理事長 岩田 礼
13:10~13:15
学会奨励賞授与・経過報告 編集委員長 荒川清秀
13:15~16:20
シンポジウム「中国語における否定」(時計台記念館1階100周年記念ホール)

・本シンポジウムは,21世紀COEプログラム「グローバル化時代の多元的人文学の拠点形成」との共催です。

・会場設備の都合上,通訳の音声をお聞きいただける人数には限りがあります。中国語研究以外を専門とされる方の利用を優先させていただく予定です。

第一部報告 司会:京都女子大学 張 猛
汉语否定词形态句法类型的方言比较 中国社会科学院語言研究所 劉 丹青(通訳:同志社大学 沈 力)
吴语汤溪方言的否定词 北京語言大学 曹 志耘 (通訳:京都大学 中西裕樹)

第二部報告 司会:東京大学 木村英樹
否定情報の獲得と応用 大阪外国語大学 杉村博文 (通訳:京都大学 李 長波)

討論 司会:東京大学 木村英樹

16:30~17:30
総会(時計台記念館1階100周年記念ホール)
18:00~20:00
懇親会(時計台記念館2階国際交流ホールⅡ・Ⅲ)

Ⅲ. 第2日 11月7日(日) 京都大学文学部新棟

9:00~
受付
9:50~11:55
分科会研究発表 午前の部
11:55~13:00
昼食・休憩(工学部8号館地下・京大生協中央食堂)
13:00~16:00
分科会研究発表 午後の部

分科会研究発表

11月7日(日) 午前の部

<A前1>文法語彙部会:文学部新棟2階第3講義室
1. ”について-台湾国语普通话の比較から お茶の水女子大学・院 永江貴子
2. 现代汉语介词的进一步虚化 松山大学 金 昌吉
以上司会 北九州大学 王 占華
3. 並列標識の生起しない動詞性並列構造 大阪外国語大 鈴木慶夏
4. ”の意味拡張について-結びつく動詞を通して 愛知大学・院 中西千香
以上司会 京都産業大学 中川千枝子
<A前2>文法語彙部会:文学部新棟1階第1・第2講義室
1. 量詞と形容詞の共起関係について-認知意味論の視点から 大阪市立大学・院 井出克子
2. 領属物に対する属性類別と描写 名古屋大学 勝川 裕子
以上司会 姫路獨協大学 原 由起子
3. 形容词重叠形式作“得”后补语和状语-以“她把茶沏得酽酽的。”及“她酽酽地沏了一杯茶。”两类句式为中心 龍谷大学 史 彤嵐
4. 数量词重叠式“一CC”和“一C一C” 立命館大学・非 張 恒悦
以上司会 早稲田大学 楊 達
<A前3>文法語彙部会:文学部新棟2階第7講義室
1. ”の多義性とイメージスキーマネットワーク 大阪大学・院 相場美紀子
2. 中国語と日本語における断り表現の対照研究 お茶の水女子大学・院 文 鐘蓮
以上司会 金沢大学 大滝幸子
3. チノ語における漢語からの文法的借用 京都大学・院 林 範彦
4. 言語接触における中国語拘束形態素の借用 九州大学 宮下尚子
以上司会 早稲田大学 古屋昭弘
<B前1>文字音韻方言部会:文学部新棟2階第6講義室
1. 呉語甌江方言群の音韻特徴 愛媛大学 秋谷裕幸
2. 日本語・中国語自然発話における非流暢性の考察 神戸大学・院 中川明子
以上司会 青山学院大学 遠藤光暁
<C前1>教育法開発部会:文学部新棟2階第4講義室
1. 中上級者学習者への通訳・翻訳演習の課題と提案 関西大学・院 古川典代
2. コーパスを利用した上級学習者の語法使用状況の分析調査 早稲田大学 牧田英二・楊 立明
以上司会 獨協大学 武信 彰
3. 発話能力を測定するための中国語Webテストの開発 早稲田大学 村上 公一・砂岡 和子・劉 松
4. 关于初级阶段可能表现的教学提议 新潟大学・非 郭 穎侠
以上司会 大阪外国語大学 山崎直樹

11月7日(日) 午後の部

<A後1>文法語彙部会:文学部新棟2階第3講義室
1. 明示的接続形式をもたない条件文 お茶の水女子大学・院 島津幸子
2. ma疑問文と正反疑問文の使用条件と基本的性格に関する考察 大阪外国語大学・院 池上里子
以上司会 愛知大学 中川裕三
3. 「过」について 沖縄大学 王 志英
4. 买回来”と“寄回来”-“回来”は何(誰)の動きか 愛知大学 荒川清秀
以上司会 神戸大学 中川正之
5. 方向補語の場所詞を導く機能 東京大学 LAMARRE, Christine
以上司会 東京都立大学 小野秀樹
<A後2>文法語彙部会:文学部新棟1階第1・第2講義室
1. 双宾句式的地域差异和句式语义的形成 東京大学・院 卢 建
2. 二重目的語とヴォイス構文における「授与」と「取得」 神奈川大学 加藤宏紀
以上司会 大阪外国語大学 古川 裕
3. 間接目的語の「領域参照点」機能 東京都立大学・院 今井俊彦
4. ”のモダリティ機能とアスペクト機能-認知的一体性の視点から 平安女子大学 劉 綺紋
以上司会 お茶の水女子大学 相原 茂
5. 语义扩展模式与汉日语对比研究 関西学院大学 于 康
6. “交涉”与“谈判” 広島大学 盧 濤
以上司会 筑波大学 大塚秀明
<A後3>文法語彙部会:文学部新棟2階第7講義室
1. 英語とのコードミキシング現象から見る香港広東語の統語構造 早稲田大学・非 横田文彦
2. 『社会小説小額』とその民国二年再刊本の言語について 東京都立大学 落合守和
以上司会 京都産業大学 矢放昭文
3. 外来語の分類について-語彙交流の視点から 早稲田大学 千葉謙悟
4. 飲食動詞の通時的変遷 愛知県立大学 竹越 孝
以上司会 関西大学 内田慶市
5. 『逆臣録』に用いられている一人称代名詞複数形について 東京都立大学・院 槇 美貴江
6. 『三言』における「V得有(NP)/V有NP」-「V得(NP)」との比較を通して- 京都大学・非 王 周明
以上司会 神戸市外国語大学 佐藤晴彦
<B後1>文字音韻方言部会:文学部新棟2階第6講義室
1. 否定詞[mei](没)の音韻的由来-満式漢語“没有”合音説 神奈川大学・院 浅井澄民
2. 乏韻渓母小韻は実在したか 神戸市外国語大学 太田 斎
以上司会 龍谷大学 岩田憲幸
3. 慧琳『一切経音義』の言語的背景と規範意識について 神戸市外国語大学・院 橋本貴子
4. 『集韻』による北宋漢語の音韻体系の研究 大阪外国語大学 佐々木 猛
以上司会 東北大学 花登正宏

<タイムスケジュール表>

午前の部(9:50~11:55)
  9:50~ 10:20~ 10:55~ 11:25~
A前1<第3講義室> 永江貴子 金昌吉 鈴木慶夏 中西千香
A前2<第1/2講義室> 井出克子 勝川裕子 史彤嵐 張恒悦
A前3<第7講義室> 相場美紀子 文鐘蓮 林範彦 宮下尚子
B前1<第6講義室>   秋谷裕幸 中川明子 呉志剛
C前1<第4講義室> 古川典代 牧田英二等 村上公一等 郭穎侠

昼食<11:55~13:00 工学部8号館地下・京大生協中央食堂>

午後の部(13:00~16:10)
  13:00~ 13:30~ 14:05~ 14:35~ 15:10~ 15:40~
A後1<第3講義室> 島津幸子 池上里子 王志英 荒川清秀 Lamarre  
A後2<第1/2講義室> 卢建 加藤宏紀 今井俊彦 劉綺紋 于康 盧涛
A後3<第7講義室> 横田文彦 落合守和 千葉謙悟 竹越孝 槇美貴江 王周明
B後1<第6講義室> 浅井澄民 太田斎 橋本貴子 佐々木猛    

文学部新棟内部の配置は以下のとおりです。移動には階段をご利用ください。

 【北側(8階だて)】                           【南側(2階だて)】

3階より上への立ち入りは
ご遠慮ください。

 

2階 第7講義室   文法語彙部会A3
    第6講義室   文字音韻方言部会B1
    第4講義室   教育法開発部会C1
    第5講義室   休憩室
    第1~4演習室 書籍・ソフト展示

 

第3講義室    文法語彙部会A1

1階 会議室     大会事務局

 

第1・第2講義室 文法語彙部会A2

地下 小会議室    ホームページ委員会

 

分科会の運営等についての注意事項

・分科会は時間帯ごとに司会が交代いたします。司会者・発表者の方は,
各セッション開始までに会場にお入りいただき,司会補佐の準備会スタッフにお名前をお知らせください。

・分科会研究発表の持ち時間は,ひとりあたり発表20分,質疑10分となっています。
予定時刻どおりに運営できるよう,ご協力ください。発表者には,残り時間5分,2分,0分となったときに,お知らせいたします。

・参加者全員が予稿集をお持ちであることを前提にして研究発表を行います。大会会場での追加資料の配布は,原則として禁止いたします。

・質問される方は,挙手して,司会者の指名を受けたあと,ご所属・おなまえに続いて,質問内容をしぼって,簡潔にお話しください。

・ 持ち込まれたパソコンの学内LANへの接続はできません。

◆大会の前後,京都大学構内および京都市内では下記の催しがあります。◆

1. 京都大学総合博物館(京都大学構内)
観覧時間9:30~16:30(入館は16:00まで)  大人一般400円
9月29日~12月26日(月曜・火曜は休館)
秋季企画展「新世紀を創る-京都大学の工学と貴重技術資料」
あわせて文化史系・自然史系などの常設展示もご覧いただけます。
※本大会参加者は,大会受付をすませたのち,無料特別観覧できます。
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/indexj.html

2. 大谷大学博物館(大谷大学構内)
観覧時間10:00~17:00(入館は16:30まで) 大人一般300円
10月12日~11月28日(日曜・月曜は休館。11月7日は休館日です。)
2004年度特別展「京の文化人とその遺産-神田家の系譜と蔵書」
京都神田家旧蔵の古典籍・蔵書印を中心に展示。京都駅より地下鉄「国際会館」行きに乗車,「北大路」駅下車すぐ。
http://www.otani.ac.jp/kyo_kikan/museum/kandake.html

3. 京都国立博物館
特別展覧会観覧時間:土・日・火~木9:30~18:00(入館は17:30まで)
金9:30~20:00(入館は19:30まで)   大人当日1000円
10月19日~11月28日 特別展覧会「古写経-聖なる文字の世界」
10月13日~11月21日 国宝指定記念特別公開「雪舟筆 慧可断臂図」
http://202.223.183.4/jp/index_top.html

その他については,京都市観光文化情報システムをご参照ください。
http://raku.city.kyoto.jp/sight.phtml

会場案内

JR京都駅から

1. 地下鉄・バス乗り継ぎ
京都駅で「国際会館」行きに乗車→(所要9分,230円)→
「今出川(いまでがわ)」下車。南改札口3番出口から地上に出て,
市バス102系統「銀閣寺」行き,
201系統「百万遍・祇園」行き,
203系統「銀閣寺道・錦林車庫」行きに乗り換え,
「百万遍(ひゃくまんべん)」下車(所要10分〔待ち時間含まず〕,220円)。
またはタクシーで京大時計台前まで。
*201系統は,「京大正門前」で降車したほうが6日(土曜日)の会場には近くなります。

地図

観光シーズンの土曜日・日曜日には,市内道路の渋滞がたいへんひどく,
時間帯・路線によってはバス・タクシーでの移動が困難なことがあります。
特に時間の余裕がある場合のほかは,地下鉄・バス乗り継ぎ利用をお勧めします。

2. 市バス
・京都駅から206番「北大路バスターミナル」行きに乗車,「京大正門前」下車。
【途中,三十三間堂・清水寺・八坂神社などを経由するため,混雑・遅延します】
・京都駅から17番「錦林車庫前」行きに乗車,「百万遍」下車。
【日中は1時間2~3本。四条河原町を経由するため,週末の午後はかなり混雑・遅延します】。

伊丹空港から
大阪伊丹空港から,「京都駅南口」行きの空港バスで約55分(1280円)。
京都駅からの乗り換えは,上記「JR京都駅から」をご参照ください。

京阪電車利用の場合
大阪市内から,京阪電車の特急に乗り,終点「出町柳」下車。
今出川通りを東に向かって歩けば,京大まで徒歩約10分です。

京都大学への交通に関しては,京都大学/アクセスマップもごらんください。

【京都大学吉田キャンパス配置図】

地下鉄「今出川」方面から京大への到着時,
市バス201系統の「百万遍」バス停は百万遍交差点の東南,
「京大正門前」バス停は東一条交差点の東南にあります。
また,203系統の「百万遍」バス停は百万遍交差点の西北にあります。
同名称のバス停が系統ごとに異なった場所にあることが少なくありませんので,系統表示に充分ご注意ください。

京都大学吉田キャンパス配置図

大会当日,案内員等を配置する余裕がございませんので,御了承ください。

許可車輌以外は入構できませんので,お車でのご来場はご遠慮願います。

当WEBサイト,および本学会へのご質問はお問い合わせページをご覧ください。

HOME >> 全国大会 >> 第54回全国大会プログラム

全国大会

会誌『中国語学』 (一覧

催し物情報 (一覧

お役立ち情報 (一覧

学会情報 (一覧

サイト案内・会員情報管理・連絡先

RSS 1.0