目次 HOME

今のところの登場人物

喬松 夏季(たかまつ・なつき)
15歳、高校一年生。料理と運動が得意。
喬松 六季(たかまつ・むつき)
夏季の母。
矢川 哲(やがわ・てつ)
16歳、高校一年生。祖父の死によりみなしごとなる。
小野田 俊(おのだ・しゅん)
21歳、私大生。イーブス建設社長御曹司。
咲田 倫(さきた・りん)
20歳、フリーター。本の虫。短気。
オスロ・ムスタ
セボの国軍部トップ。部下からは「師士(しし)」という呼称付きで呼ばれる。真面目。
シエ・ラートン
文武両道の軍人で、若くして二等兵隊長の座に。冷徹な美男子。
ハリル
陽気な二等兵副隊長。自分とは相容れない性格の隊長の扱いに困っている。
カイハ
氷の洞窟の住人。狐の耳をもつ青白い人間。
セナ
夏季と俊を異世界に呼び寄せた。下半身がなく、ぷかぷかと浮いている。
レナ
倫と哲を異世界に呼び寄せた。セナと容姿がほとんど同じ。そそっかしい。
アレモ
セボの国の二等兵。面倒見がいい。
イルタ・ニトルス
セボの国の二等兵。アレモの友人。
ウォロー
同上。女性。イルタの恋人。
ユニ
オスロの妻。城下街にある酒場「ヒムラ」の主人。
カルー・ネベロ
セボの国の二等兵。問題児。
キム
同上。カルーの悪友。
ロイ・パソン
幹部会議の議長を務める文官。かつては軍部に所属していた。
オミリア
カルーやキムなど兵士の中の問題児のボス? 狐の耳を持つ。
パパス・ユエグ
人気のない荒野でわざわざ自給自足の生活を営む大男。過去に秘密がある様子。
カウジ・ユエグ
パパスの愛しい一人娘で、子供らしく明るくはしたない。そして面食い。
ピルツ
政務部の重鎮。狡猾で巧妙であるかのような素振りを見せる。目的のためであればなりふり構わず謀略を練る。
ネレー・ドゥーラ
ピルツの部下。軍部でありながら政務部の仕事を卒なくこなすラートンを一方的にライバル視している。
シーマ・バトルス
トラル国跡地の近くの宿場街で、自警団団長を務めている。かつてトラルに仕えた家系の末裔であり、亡国の復興を渇望している。
クロ・アルド
かつての「闇使い」。六季の配偶者であり、夏季の父親。魔女リカ・ルカの手にかかり死亡。
リカ・ルカ
「魔女」と恐れられる物の怪。かつて死んだものと思われていたが、なんらかの理由により復活し、セボへの復讐を狙っている? 六季と夏季の親子に因縁があるようだ。
目次 HOME