目次 HOME

黒い影

第一章/森

洞窟の階段は予想以上に長かった。上っても上っても、地上の光は見えず、夏季は不安になっていた。
あの洞窟、こーんなに地下深いところにあったなんて。
そんなところに崖から真っ逆さまに落ちて、よく助かったものだと思わずにはいられない。そう考えると、カイハの驚き方も理解できた。
でも、どうして助かったのだろう。
落ちている間に意識を失ったため、水面に衝突したときの記憶はない。どうしてなのかは確かめようがないので、不思議のままだった。

大きなカーブを曲がったところで突然、前方に光が見えた。
「よかった、出口だ」
安心感から、自然と急ぎ足になる。最後の10メートルは駆け足だった。急に階段を駆け上がったため、息が上がった。落ち着いてから辺りを見回すと、茂る木々が日を遮っている。土の上で目覚めたときと変わらない、森の風景だった。
「さて、どうすればいいのかな?」
カイハによれば迎えが来るはずなのだが、人の気配はない。相変わらず森は静まり返り、風がそよとも吹かない。夏季は途方に暮れてしまった。
まあ、動かないほうがいいよね。倫を見習って……。

空を見上げると、厚く黒い雲が迫っていた。

五分も経った頃だろうか。時計もなく、時間を知る方法はないから、実際には二分かもしれないし、八分かもしれない。空模様はどんどん怪しくなり、雲が日光を遮って、辺りは薄暗くなっていた。

夏季は目の端で、近くの茂みがかすかに動くのを見た。なんだろうと、音のした方向を見る。
もう一度、背の低い木が動いた。

「誰かいるの?」
問いかける。
返事はない。
「いないの?」
無言。
しかし、気配はある。
「……オスロさん?」
覚えたばかりの名前を言ってみた。
突然、夜のような闇に包まれ、気温がぐんと下がった。肌に触れる空気は、氷の洞窟にいたときのようにひやりとしている。夏季は背筋に寒気を感じ、茂みから1歩、2歩と後じさった。もう声を掛ける必要はない。そこに何かが潜んでいることは確かめられた。
茂みの奥のモノは絶えずゴソゴソとうごめいている。無言が夏季の肺を圧迫していく。呼吸が苦しくなり、無意識のうちに胸に手を当てる。自分の心臓の鼓動があまりに激しく、発作でも起きるのではないかと怖くなるくらいだった。

「夏季!」
哲の声だ。近くにいる。夏季の後ろ姿を見つけたらしく、背後から足音が聞こえた。
(来ちゃだめ)
直感的にそう思ったが、声にならない。何モノかが攻撃の体勢で身構えているのを感じ取ることができた。哲が駆け寄る。
「夏季!」
周囲の木々の枝から、真っ黒な手がにょきにょきと生えていた。ついに、茂みの中から黒い影が飛び出す。何かのシルエットではない。それ自体が真っ黒だった。突然の出来事に哲が驚き、目を見開く。
(もうだめだ)
夏季は絶望した。

突然、視界に光が満ちた。光の白で黒い影が掻き消される。
(何も見えない。今日はいろいろなことが起こり過ぎてる。ここはいったい何なの)
夏季は目を閉じた。

目次 HOME