目次 HOME

話し合い

第一章/森

4人は出会った広場に輪になって腰を下ろした。彼らが黙ればなにも音がしない。鳥は鳴かず、風も吹かない。不気味だった。

「自己紹介でもするか。」
一番年上らしい黒髪が、自然と司会者になっていた。
「じゃあ、ねーさん、名前は?」
無愛想な女に話を振る。
「りん。」

「年は?」
「ハタチ。」

「趣味は?」
「読書。」

「一問一答だな…。」
間髪いれず即答する女に、黒髪が呆れるように言った。
倫はそっぽを向いた。

「お嬢ちゃんは?」
「喬松夏季。15歳、趣味は…料理かな?特技は運動。」
夏季は『お嬢ちゃん』と呼ばれた瞬間にむしずが走った。
「へぇ〜、いいじゃん。今度俺にもなんか作ってよ。」
「はぁ…。」
合コンじゃないんだから、と夏季は思った。

「茶髪の君。」
「矢川哲。16歳、趣味は…将棋。」
「渋い!おじいちゃん子だな?」
「まあね。じーちゃんは昨日死んだけど。」

みんな黙ってしまった。

黒髪が咳払いする。

「ごほん。俺の名前、聞きたいか?」
「聞きたい。」夏季。
「どっちでも。」哲。
「聞きたくない。」倫。
「小野田俊。21歳、趣味は飲酒、以上。」
「親父臭い。」
夏季が哲に耳打ちする。
「なんだってぇ?」
「なんでもないです…。」

「さて、どうするかね。」俊が言った。
「どうしようもないじゃん。」と哲。
「何もしないって訳にはいかないだろう?俺は動いた方がいいと思うんだが。」
「下手に動くと危ないわよ。」倫が言った。
「だよなー。」哲。
「でも落ち着かないよ、ここ…。気味が悪い。」
夏季はさっきから寒気がしていた。これも虫の知らせだろうか。

「ちょっとだけ、探検してみないか?」
俊が切り出した。
「行く。」夏季は既に立ち上がっている。
「まあ、ちょっとだけなら。」
哲も腰を上げた。

「あたしここにいるわ。」
「そう?じゃ、すぐ戻るから。」
俊は気にも留めない。
「1人で大丈夫ですか?」
夏季が声を掛けてみる。
「ええ。全然平気!」
「かわいくない…。」3人は心の中でつぶやいた。

目次 HOME