Diary

天気:曇のち雨,血圧:,体重(朝):62.0+-2.0,体重(夜):63.0+-2.0,歩数:,投稿:2006-10-05 (木) 11:55:59

葬式は大変だな

見てるだけでも疲れる。

(更新:2006-10-05 (木) 18:03:18)
オレと親父、亡くなった伯父の兄と一緒に通夜を葬儀場で過ごした。
夜中じゅう、線香を立て続けた。実はこのメンツはおばあちゃんの葬儀と一緒だった。

ちょっと(というかカナリ)お酒を飲み過ぎた。。


施主は、伯父の息子である、いとこが執り行ったのだけど、
オレより2歳年下でも、しっかり勤めあげて、えらいなと思った。

葬儀はつつがなく無事に終わった。




今日のお食事


うちで誰かが亡くなったらどうするのか? 2006-10-05 (木) 18:08:57

親父、お袋、姉貴はキリスト教なので、キリスト教式に葬儀を行うことになる。
オレは現在無信教だが、仏教式は イヤなので、キリスト教式にやってもらいたいと思った。
正直、今日の坊さんのお経はさっぱりわからなかったし、生きてる人に、もっと言うべきことがあるのではないかと思った。(せめてお経の意味を簡単に説明すればいいのにね)

基本的に葬儀というものは、故人のためというより、残された生きている人のためだと思う。
「本当に亡くなったんだ」と認識するための儀式なんだとおもう。
だからこそ、生きている人のために できるだけのことをすべきなのではなかろうか。


というか、オレが死んでも、あまり葬儀にきてくれる人もいないと思うので、
内輪だけでひっそりやってもらったほうがいいかなぁ…なんてことも思った。




トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS